コンゴのCPI(消費者物価指数)と物価データ(デフレータ)

CPI

今回はコンゴのCPIおよびデフレータについて整理します。

なお、ここでは国内での物価の成長率について取り上げます。

物価水準の国際比較については、以下の記事などを参照ください。

関連記事

今回はアフリカ各国の物価の違いについて整理します。 国際間の物価の違いを表す経済データとして、購買力平価(PPP)というものがあります。今回はこのPPPを用います。 購買力平価(PPP)とは 総務省によると ※ 購買力平価(Pu[…]

関連記事

今回は旅行する際に気になる、レストラン・ホテルの物価についてです。   アフリカ各国のレストラン・ホテルの物価について ここでは、データの制約上レストランとホテルをまとめた物価を紹介します。 早速ですが以下は、日本[…]

関連記事

今回は食料品の物価についてです。 なおレストラン(ホテル含む)の物価についてはこちらをご覧ください。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://africa-keizai.com/2017icp_hotel[…]

関連記事

今回はアフリカ諸国の自動車の物価についてです。 アフリカ諸国の自動車の物価ランキング 以下は、日本と基準(日本=1.0)としたときの2017年のアフリカ各国における自動車の物価指数(PLI)ランキングです。 (ここで用いる物価デー[…]

関連記事

今回はアフリカの住居費・光熱水費の物価についてです。 データの制約上、住居費と光熱水費をまとめた平均物価となります。 アフリカ各国の住居費・光熱水費の物価ランキング 早速ですが以下は、日本と基準(日本=1.0)としたときの2017[…]

関連記事

今回はアフリカ諸国のアパレルの物価についてです。 利用するデータは輸入品と国産品の平均物価の比較です。 アフリカ諸国のアパレルの物価ランキング 以下は、日本と基準(日本=1.0)としたときの2017年のアフリカ各国のアパレルの物価[…]

関連記事

今回はアフリカ諸国の家具・住宅設備の物価と通信の物価についてです。   アフリカ諸国の家具・住宅設備および通信の物価ランキング 以下は、日本と基準(日本=1.0)としたときの2017年のアフリカ各国の家具・住宅設備および[…]

関連記事

今回はアフリカの飲み物の物価についてです。 以前食料品の物価についてもまとめていますので、宜しければそちらもご覧ください。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://africa-keizai.com/20[…]

関連記事

今回はアフリカ諸国の医療費の物価についてです。   (ただし、医療費については、①国により政府と家計の負担率が異なる、②医療行為ごとの品質が異なることから価格の比較がそもそも難しい、などから物価比較が困難な代表的なサー[…]

 

コンゴ共和国の基本情報

コンゴ共和国は中央アフリカの国で、コンゴ民主共和国、ガボン、赤道ギニア、カメルーン、中央アフリカ共和国の5か国と接しています。

 

コンゴ共和国の人口は2016年時点で約500万人で、アフリカでは比較的小さな国です。

一方、一人あたりGDPは2016年時点でアフリカ平均5,000ドルよりも高い6,300ドルです。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

こんにちは、KOMEです。 1回目の投稿ではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると20[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

CPI(消費者物価指数)とGDPデフレータ

以下は1970-2020年までのCPI(消費者物価指数)とGDPデフレータ(現地通貨建てとドル建て)の成長率の推移です。

なお、GDPデフレータとはGDPの物価変動を示し、名目GDP÷実質GDPにより算定できます。

 

GDPデフレータとCPIの成長率

出所:UN (National Accounts – Analysis of Main Aggregates)  and World Bank (WDI)

 

時系列ではCPIと現地通貨建てのGDPデフレータはほぼ近似した推移となっています。

一方、ドル建てのGDPデフレータの変動は激しいものの、現地通貨建てのGDPデフレータと似た変動となっており、この期間での両者の相関係数は0.605であり、ある程度の相間が見られます。

 

コンゴは1970年代以降物価変動が激しく、最大では40%近く、最低では-30%超と幅広いレンジでデフレータは推移しています。

 

最終消費支出デフレータ

GDPには消費、生産、分配の三種類のGDPがあり、これらが等しくなる性質を三面等価性と言います。

ここでは、そのうちの消費(最終消費)のGDPの内訳である、家計消費、政府消費、投資、輸出、輸入のデフレータについて10年間の平均をグラフ化したものが以下となります。

 

最終消費支出項目別デフレータ

出所:UN (National Accounts – Analysis of Main Aggregates)  and World Bank (WDI)

 

1970年代はいずれの消費項目のデフレータは高い成長率となっており、特に輸出が高くなっています。

1980年代は政府消費のデフレータが7%ほどと高い一方で、他の消費項目はすべてマイナスとなっており、その結果GDPデフレータは3%ほどと低くなっています。

1990年代や2000年代になると、投資や輸出を中心に高いデフレータ成長率となっており、その結果GDPデフレータは1990年代は9%、2000年代は5%と1980年から上昇しています。

2010年代は家計消費や政府消費のデフレータは5%以上あるものの、GDPデフレータはほぼ0%となっています。

 

産業別GDPデフレータ

次に、生産のGDPデフレータについてです。

以下は10年平均ごとの産業別デフレータを示します。

 

産業別GDPデフレータ

出所:UN (National Accounts – Analysis of Main Aggregates)

産業デフレータに関しては、

1970年代は建設業のデフレータは低い一方で、他の産業は10%近くあり、結果的GDPデフレータは10%と高い成長率となっています。

1980年代には全般的にデフレータ成長率は低下し、特に前期高い成長率であった鉱業・電ガス水はマイナスへ転じています。

1990年代および2000年代では、鉱業・電ガス水、建設業は高いデフレータ成長率であり、この2産業がGDPデフレータに大きく寄与しています。

2010年代では、引き続き建設業は高いデフレータ成長率である一方で、鉱業・電ガス水は再びマイナスへ転じ、さらに運輸・通信もマイナスとなり、結果的にGDPデフレータはほぼ0%成長率となっています。

 

なお、産業別の(実質)GDP成長率については、以下の記事を参照ください。

関連記事

今回はコートジボワールの産業構造を確認します。   コンゴ共和国の基本情報 コンゴ共和国は中央アフリカの国で、コンゴ民主共和国、ガボン、赤道ギニア、カメルーン、中央アフリカ共和国の5か国と接しています。 &[…]

 

さいごに

今回は物価(消費者物価指数・GDPデフレータ)に関して、過去のデータを整理しました。

普段物価を除いた実質GDPをニュースなどで目にすることが多いですが、物価については生活体験の中で感じる人も多いと思います。

過去の水準を知ることで、現在の水準を知って頂けると幸いです。

最新情報をチェックしよう!