南アフリカの所得格差と貧困

今回は南アフリカの所得格差と貧困について簡単に整理します。

 

南アフリカの基本情報

 

南アフリカの人口は2016年時点で約5,500万人とアフリカでは6番目に人口の多い国です。

人口密度は45人/km2とアフリカ平均の40人/km2とほぼ近い水準にあります。

 

一人あたりGDPは2016年時点で13,000ドルとアフリカ平均の5,000ドルの2倍以上です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

こんにちは、KOMEです。 1回目の投稿ではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると20[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

ジニ係数

所得格差の表す代表的な指標にジニ係数というものがあります。

ジニ係数とは

ジニ係数は、イタリアの統計学者コラド・ジニにより考案された所得などの分布の均等度合を示す指標で、国民経済計算等に用いられる。ジニ係数の値は0から1の間をとり、係数が0に近づくほど所得格差が小さく、1に近づくほど所得格差が拡大していることを示す。一般に0.5を超えると所得格差がかなり高い状態となり是正が必要となると言われている。(出所:野村証券, 証券用語解説集

とあるとおり、0に近いほど格差が無い状態を表します。

例えば、日本は0.33、米国は0.42であり、米国の方が所得格差が大きいと言えます。

 

南アフリカのジニ係数は0.63であり、アフリカではもっとも所得格差が大きい国と言えます。

 

出所:World Development Indicators

 

以下はジニ係数(縦軸)と一人当たりGDP(横軸)の関係を表しています。

アフリカでは一人当たりGDPとジニ係数は負の相間が見られますが、南アフリカは比較的高い一人当たりGDPかつもっとも高いジニ係数となっています。

出所:World Development Indicators

 

スラム人口ランキング

次はスラム人口についてです。

以下は都市部人口に占めるスラム人口比率のランキングを表しています。

 

アフリカでは中央アフリカ共和国のスラム人口比率が95%ともっとも高い一方で、南アフリカはアフリカでは26%と低い比率となっています。

出所:World Development Indicators

 

以下は、都市部に占めるスラム人口比率(縦軸)と全人口に占める都市部人口比率(横軸)をプロットしたものです。

アフリカではスラム人口比率と都市部人口比率においては僅かに負の相間が見られますが、

南アフリカは比較的高い都市人口比率であり、またスラム人口比率は比較的低い水準にあります。

出所:World Development Indicators

 

以下はスラム人口比率はの一人当たりGDPと全人口に占める都市部人口比率の推移を表します。

南アフリカでは1990年以降変動はあるものの一人当たりGDPは順調に右肩上がりに成長しているおり、また都市部人口比率も順調に上昇しており、経済発展と都市化においては高い相関が確認できます。

出所:World Development Indicators

 

所得分配

以下は南アフリカにおける上位10%, 10-20%, 20-40%, 40-60%, 60-80%, 80-90%, 90-100%と7つの所得層における所得の所得の分布の推移を表します。

南アフリカでは上位10%の所得階層が、所得全体の50%ほどを所有している一方で、下位10%の所得階層は全体の3%以下しか占めておりません。

また、所得格差は1990年以降拡大しつつあります。

出所:World Development Indicators

 

さいごに

今回は所得格差と貧困について、ジニ係数やスラム人口比率の観点から見てました。

関連して貧困率やODAに関する記事も是非ご覧ください。

関連記事

今回は南アフリカのODA(政府開発援助)と貧困について簡単に整理します。 なお、ODAは援助する側とされる側がありますが、ここについてはODAは援助される側にフォーカスします。   南アフリカの基本情報 &[…]

最新情報をチェックしよう!