コンゴ共和国の産業構造:GDPシェア、GDP寄与度、労働者数シェア、労働生産性について

今回はコートジボワールの産業構造を確認します。

 

コンゴ共和国の基本情報

コンゴ共和国は中央アフリカの国で、コンゴ民主共和国、ガボン、赤道ギニア、カメルーン、中央アフリカ共和国の5か国と接しています。

 

コンゴ共和国の人口は2016年時点で約500万人で、アフリカでは比較的小さな国です。

一方、一人あたりGDPは2016年時点でアフリカ平均5,000ドルよりも高い6,300ドルです。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

こんにちは、KOMEです。 1回目の投稿ではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると20[…]

 

産業別GDP構成比

早速ですが、以下はコンゴ共和国の1970年から2019年までの産業別のGDP構成比の推移を表します。

出所:UN “The National Accounts Main Aggregates Database”

 

コンゴ共和国でもっとも規模の大きい産業は2.鉱業で、ピーク時では一国全体の50%以上を占めています。

近年では特に2.鉱業の依存度が高く、4.建設を除く他の産業は総じてGDPシェアが減少傾向にあります。

 

産業別GDP寄与度

以下はGDPにおける産業別寄与度を表しています。

(なお、データの変動が激しいため1年毎では変動が激しいため、5年平均を採用してます。また、ここでの産業GDPと一般的に用いるマクロのGDPとでは統計上の誤差により乖離が生じています。)

出所:UN “The National Accounts Main Aggregates Database”に基づく推計値

コンゴ共和国は1970-85年までの6-10%ほどと比較的高い経済成長を達成しています。

しかし、その後の経済成長は低迷しており、特に2010年後半はマイナス成長へ転じています。

 

産業別就業者数シェア

以下は1991年から2019年の産業別就業者数のシェアを表します。

出典:ILO Modelled Estimatesに基づく推計

もっとも就業者の多い産業は1.農業であり、1991年では40%超のシェアを占めていましたが、2019年では全体の34%まで減少しています。

一方、5.商業・レストラン・ホテルおよび7.その他サービスのシェアは拡大傾向にあり、同期間ではそれぞれ17%、11%から25%、15%へ拡大しています。

 

産業別労働生産性(産業別就業者あたりGDP)

以下は2019年における産業別の労働生産性(産業別の就業者一人あたりGDP)を米ドル換算で表しています。

出典:ILO Modelled EstimatesおよびUN “The National Accounts Main Aggregates Database”に基づく推計

 

2019年における一国全体の労働生産性は6,000ドルほどですが、産業によりそれは大きく異なります。

もっとも労働生産性が高い産業は2.鉱業であり、労働生産性は138,000ドルほどです。

一方、もっとも生産性の低い産業は1.農業であり労働生産性はわずか1,300ドル弱に留まっています。

 

さいごに

コンゴ共和国の産業構造についてまとめると以下のとおりです。

  • 経済のもっとも多くを占める産業は2.鉱業でピーク時は一国全体の50%超を占める
  • コンゴ共和国は1970-85年までは高い経済成長を遂げていたのに対し、その後の成長は低迷し近年ではマイナス成長へ転じている
  • 労働生産性が高い産業は2.鉱業(138,000ドル)。一方もっとも低いのは1.農業(1,300ドル)

引き続き他の国についても調べていきます。

最新情報をチェックしよう!