ギニアにおけるSDGs指標:飢餓と農林水産関連データ編

今回はギニアの国際連合食糧農業機関(FAO)が公表しているデータからSDGsに関連する指標を見てみようと思います。

ここでは17のゴールのうち、主にGoal2: 飢餓をゼロに、Goals14: 海の豊かさを守ろう、Goals15: 陸の豊かさも守ろう、に関連する指標を扱います。

SDGs

 

なお、SDGsについては日本ユニセフ協会のHPにてわかりやすく紹介されていますので、よろしければご覧ください。

SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)

親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGs CLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読ん…

 

ギニアの基本情報

ギニアはギニアビサウ、シエラレオネ、リベリア、セネガル、マリ、コートジボワールを隣国にもつ大西洋に接する西アフリカの国です。

ギニアの人口は2016年時点で1,300万人とアフリカでは平均的な人口の国です。

一方、人口密度は53人/km2とアフリカ平均40人/km2より3割ほど人口密度の高い国です。

 

一人あたりGDPは2016年時点で1,200ドルとアフリカ平均の5,000ドルの3割程度であり、アフリカでは8番目に低い国です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

農業

Goal2「飢餓をゼロに」関連して、ここでは農業について扱います。

以下はGDPに占める農業シェア(左図)と政府支出に占める農業関連シェア(右図)をランキングしています。

なお、参考国としてここでは日本、米国、中国を並記しています。

 

GDPに占める農業シェアに関して、ギニアは24%ほどでありアフリカでは19番目です。

一方、政府支出に占める農業関連シェアは2%でアフリカでは27番目となっています。

農業

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

以下は、GDPに占める農業シェアの2000年以降の推移を表しています。

農業のGDPシェアは2000年代では28%ほどでしたが、徐々に減少し直近では25%ほどとなっています。

一方、政府支出に占める農業シェアは2000年代前半の4%ほどから変わっておりません。

ギニアの森林

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

なお、一国全体における農林水産業や各産業のGDPシェアについて以下の記事をご覧ください。

関連記事

今回はギニアの産業構造を確認します。   ギニアの基本情報 ギニアはギニアビサウ、シエラレオネ、リベリア、セネガル、マリ、コートジボワールを隣国にもつ大西洋に接する西アフリカの国です。 ギニアの人口は201[…]

 

漁業

Goals14「海の豊かさを守ろう」に関連して、ここでは持続可能な魚類資源割合(左図)とGDPに占める持続可能な漁業シェア(右図)をランキングしています。

また参考国としてここでは日本、米国を並記していますが、日本と米国はともに持続可能な魚類資源割合(左図)では7割程度となっています。

 

この指標でデータの利用できる国が少なく、ギニアは非対象国となっていますので、ここでは参考程度に載せておきます。

また、GDPに占める持続可能な漁業シェアについては1.5%であり(データの確認できる限りでは)アフリカでは9番目となっています。

漁業割合

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

なお、一国全体における農林水産業や各産業のGDPシェアについて以下の記事をご覧ください。

関連記事

今回はギニアの産業構造を確認します。   ギニアの基本情報 ギニアはギニアビサウ、シエラレオネ、リベリア、セネガル、マリ、コートジボワールを隣国にもつ大西洋に接する西アフリカの国です。 ギニアの人口は201[…]

 

森林

Goals15「陸の豊かさも守ろう」に関して、ここでは国土に占める森林割合(左図)と森林における長期管理計画下割合(右図)をランキングしていています。

ここでは参考国として日本、米国、中国を並記しています。

 

ギニアの森林面積割合は25.2%であり、アフリカでは22番目と中位に位置しており、森林における長期管理計画下割合については3.8%で36か国中で31番目と下位となっています。森林割合

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

上記の指標について2000年以降の推移を表しているのが、以下のグラフです。

国土に占める森林割合は2000年代前半では15%ほどでしたが、徐々に上昇傾向にあり、直近では25%近くに達しています。

なお、長期管理計画されている森林シェアのデータについては、2013年以降ほぼ5%付近で横ばいして推移しています。

ギニアの森林

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

なお、以下のリンクでは森林や自然を一国全体の資本(国富)として試算値していますので、よろしければご覧ください。

関連記事

今回はギニアの国富(National wealth)についてです。 なお、国富(National wealth)とはストックを表し、これに対応するフローがGDPと見ることができます。   ここでは、World B[…]

 

さいごに

この記事ではFAOのデータベースを用いて作成しています。

そのためSDGsの指標としては偏りがありますが、SDGsには他にも様々なGoalsやそれに関連する指標があります。

そういった情報については法政大学の川久保研究室のホームページにて詳細を知ることができますので、よろしければご覧ください。

川久保研究室

SDGsを活かした建築・都市づくりの研究…

 

最新情報をチェックしよう!