リベリアにおけるSDGs指標:飢餓と農林水産関連データ編

今回はリベリアの国際連合食糧農業機関(FAO)が公表しているデータからSDGsに関連する指標を見てみようと思います。

ここでは17のゴールのうち、主にGoal2: 飢餓をゼロに、Goals14: 海の豊かさを守ろう、Goals15: 陸の豊かさも守ろう、に関連する指標を扱います。

SDGs

 

なお、SDGsについては日本ユニセフ協会のHPにてわかりやすく紹介されていますので、よろしければご覧ください。

SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)

親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGs CLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読ん…

 

リベリアの基本情報

リベリアはシエラレオネ、ギニア、コートジボワールを隣国にもつ西アフリカの国です。

リベリアの人口は2016年時点で460万人とアフリカでは比較的人口の少ない国です。

一方、人口密度は41人/km2とアフリカ平均40人/km2とほぼ同水準の国です。

 

一人あたりGDPは2016年時点で800ドルとアフリカ平均の5,000ドルの1/6程度であり、アフリカでは4番目に低い国です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

飢餓

Goal2「飢餓をゼロに」に関して、以下では栄養不足人口(左図)と人口に占める栄養不足蔓延率(右図)をランキングしてます。

国名の横のカッコ内には利用している年次を表しています。

なお、参考国としてここでは日本と中国を並記していますが、両国の栄養不足蔓延率はともに3%程度となっていますが、人口の違いにより栄養不足人口は大幅に異なっています。

 

リベリアの栄養不足人口は190万人であり、(データの確認できる限りでは)アフリカで21番目に多い国です。

また、人口に占める栄養不足人口率は38.3%であり、アフリカで5番目となっています。

栄養不足

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

以下は栄養不足人口と人口に占める栄養不足蔓延率に関する2000年以降の推移を表します。

2000年前半では110万人ほどいた栄養不足人口は直近では190万人ほどまで増加しています。

一方で、栄養不足蔓延率は変動が大きく、2002年では38%ほどでしたが、2008年には33%ほどまで低下したのち、直近では38%ほどまで悪化しています。

リベリアの栄養不足

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

なお、以下の記事では貧困率について扱っていますので、よろしければそちらもご覧ください。

関連記事

今回はリベリアのODA(政府開発援助)と貧困について簡単に整理します。 なお、ODAは援助する側とされる側がありますが、ここについてはODAは援助される側にフォーカスします。   リベリアの基本情報 リベリアはシエ[…]

 

農業

Goal2「飢餓をゼロに」関連して、ここでは農業について扱います。

以下はGDPに占める農業シェア(左図)と政府支出に占める農業関連シェア(右図)をランキングしています。

なお、参考国としてここでは日本、米国、中国を並記しています。

 

GDPに占める農業シェアに関して、リベリアは43%ほどでありアフリカでは2番目です。

また、政府支出に占める農業関連シェアでは1%でこちらも(データの確認できる限りでは)43番目と下位に位置しています。

農業

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

以下は、横軸に栄養不足蔓延率と縦軸に政府支出に占める農業関連シェアとして、各国の最新データをプロットしています。

これを見ると、栄養不足蔓延率が高い国ほど政府支出に占める農業関連シェアが低い傾向が見受けられます。

なお、リベリアは栄養不足蔓延率が高いためグラフ内では右下に位置しています。

栄養不足と農業

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

以下は、GDPに占める農業シェアと政府支出に占める農業関連シェアの2000年以降の推移を表しています。

農業のGDPシェアは2000年代前半では75%ほどでしたが、2010年ごろには50%ほどまで低下したのちその後は80%ほどまで上昇しますが、直近では40%ほどまで再度低下しています。

一方で、農業の政府支出シェアは一貫して低い水準で横ばいで推移しています。

リベリアの農業割合

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

森林

Goals15「陸の豊かさも守ろう」に関して、ここでは国土に占める森林割合(左図)と森林における長期管理計画下割合(右図)をランキングしていています。

ここでは参考国として日本、米国、中国を並記しています。

 

リベリアの森林面積割合は79.1%で3番目と上位に位置しています。

(なお、森林における長期管理計画下割合についてはデータが公表されておりません。)

森林割合

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

 

上記の指標について2000年以降の推移を表しているのが、以下のグラフです。

国土に占める森林割合は2000年では85%ほどありましたが、直近では80%以下まで減少しています。

(なお、森林における長期管理計画下割合についてはデータが公表されておりません。)

リベリアの森林

出所:SDG Indicators, FAO stat, December 2022.

なお、以下のリンクでは森林や自然を一国全体の資本(国富)として試算値していますので、よろしければご覧ください。

関連記事

今回はリベリアの国富(National wealth)についてです。 なお、国富(National wealth)とはストックを表し、これに対応するフローがGDPと見ることができます。   ここでは、World […]

 

さいごに

この記事ではFAOのデータベースを用いて作成しています。

そのためSDGsの指標としては偏りがありますが、SDGsには他にも様々なGoalsやそれに関連する指標があります。

そういった情報については法政大学の川久保研究室のホームページにて詳細を知ることができますので、よろしければご覧ください。

川久保研究室

SDGsを活かした建築・都市づくりの研究…

 

最新情報をチェックしよう!