カメルーンの観光統計(入国者数・宿泊施設・観光産業労働者数)

今回はカメルーンに関する観光に関するデータを整理します。

なお、この記事は世界観光機関(World Tourism Organization)が公開している観光統計データベース(UNWTO Tourism Statistics Database)を用いています。

 

カメルーンの基本情報

カメルーンはナイジェリア、チャド、中央アフリカ共和国、コンゴ、赤道ギニア、ガボンに接する中央アフリカの国です。

 

カメルーンの人口は2016年時点で約2,400万人で、アフリカではやや人口の多い国です。

 

一方、一人あたりGDPは2016年時点で3,200ドルとアフリカ平均の5,000ドルの6割程度とアフリカではやや低位の国です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

入国者数(外国人観光客数)

以下はカメルーンにおける1995年以降の外国人入国者数の推移(左図)とその構成(右図)を示しています。

また、1段目のグラフは宿泊者か当日出国者を表し、2段目は入国の目的、3段目は入国手段、4段目は入国者の地域を表しています。

 

まず入国者数全体を見ると、1995年では10万人ほどの入国者がおり2016年には100万人に達しています。(なお2020年以降についてはデータは非公表となっています。)

カメルーンにおける外国人観光客数

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023 

 

次に入国者の構成を確認します。

はじめに1段目の入国者数の宿泊者か当日出国者からの内訳をデータが確認できる2012年以前については、すべて宿泊者となっています。なお、2013年以降については、内訳データが利用できません。

 

次に2段目の入国目的についても、内訳のデータは公表されておらず、詳細を確認することができません。

 

3段目の入国手段については、2006年以降についてはデータが利用でき、おおよそ半分が空路、残りの半分が陸路となっており、水路については極僅かとなっています。

 

4段目では入国者の出身地域を表しています。

2008年から2019年ではデータの欠損や不詳比率が大きいなど参考とするには難しいデータとなっていますが、2007年以前を見ると5割がヨーロッパ、4割がアフリカ、1割がアメリカという内訳になっています。

 

観光客の観光関連の消費額

ここでは外国人のカメルーンでの消費額(左図)と一人あたり消費額(右図)を表しています。

また、参考としてカメルーン人の海外での消費額合計(下段左図)と一人あたりの海外での消費額(下段右図)を並記しています。

 

外国人のカメルーンでの消費額合計は1995年では1億ドルほどでしたが、2019年には7億ドルほどまで上昇しています。

しかし、2020年には新型コロナの影響により4億ドル程度まで急激に下落しています。

 

これらを一人あたり消費額で見ると、1995年では一人あたり消費額は800ドル程度であり、2005年までは変動が激しかったものの、2000年代後半以降はおおよそ600ドル程度で安定して推移しています。

カメルーンにおける観光関連消費額

注:一人あたり消費額については消費額を入国者もしくは出国者数で除して算定している。

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023.  

一方、カメルーン人の海外での消費額を見ると1995年では海外で2億ドルほど消費していましたが、2019年には10億ドルほどまで増加していますが、その後は新型コロナの影響により7億ドルほどまで低下しています。

(なお、カメルーン人の一人あたり消費額についてはデータが確認できません。)

 

宿泊施設

以下はカメルーンにおける宿泊施設数(左図)と稼働率および宿泊者の滞在日数を(右図)を表しています。

 

宿泊施設数に関しては2005年から2020年まででおおよそ1,500施設から2,500施設まで増加しています。

またそれに付随する客室数とベッド数もそれぞれ2万室⇒4万室、2.5万台⇒4.5万台と拡大しています。

カメルーンにおける宿泊施設

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023 

また、客室稼働率やベッド稼働率は2006年ではそれぞれ25%と20%ほどあり、2019年にはそれぞれ30%近くまで上昇しますが、2020年では新型コロナの影響によりともに10%ほどまで低下しています。

 

一方、宿泊者の平均滞在日数は2006年以降ではおおよそ1.5日程度で推移しています。

 

さいごに

今回は世界観光機関のデータベースに基づき観光に関する指標見てきました。

 

本サイトでは他にも、観光に関する貿易収支や、アフリカ諸国内ので観光客数ランキングなどまとめた記事も公開していますので、よろしければご覧ください

関連記事

今回はカメルーンの旅行関連のデータについて簡単に整理します。   カメルーンの基本情報 カメルーンはナイジェリア、チャド、中央アフリカ共和国、コンゴ、赤道ギニア、ガボンに接する中央アフリカの国です。 &nb[…]

最新情報をチェックしよう!