中央アフリカ共和国の観光統計(入国者数・宿泊施設・観光産業労働者数)

今回は中央アフリカ共和国に関する観光に関するデータを整理します。

なお、この記事は世界観光機関(World Tourism Organization)が公開している観光統計データベース(UNWTO Tourism Statistics Database)を用いています。

 

中央アフリカ共和国の基本情報

中央アフリカ共和国はカメルーン、コンゴ、コンゴ民主共和国、スーダン、南スーダン、チャドを隣国にもつアフリカ中部の国です。

中央アフリカ共和国の人口は2016年時点で500万人とアフリカでは比較的人口の少ない国です。

一方、人口密度は8人/km2とアフリカでは6番目に人口密度の低い国です。

 

一人あたりGDPは2016年時点で600ドルとアフリカではアフリカではもっとも一人あたりGDPの低い国です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

入国者数(外国人観光客数)

以下は中央アフリカ共和国における1995年以降の外国人入国者数の推移(左図)とその構成(右図)を示しています。

また、1段目のグラフは宿泊者か当日出国者を表し、2段目は入国の目的、3段目は入国手段、4段目は入国者の地域を表しています。

 

まず入国者数全体を見ると、1995年では2万人ほどの入国者が2015年には12万人ほどまで上昇しますが、新型コロナ禍の2020年では4万人以下まで低下しています。中央アフリカ共和国における外国人観光客数

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023 

 

次に入国者の構成を確認します。

はじめに1段目の入国者数の宿泊者か当日出国者からの内訳をみると、ここではすべての入国者が宿泊者として識別されています。

 

次に2段目の入国目的を見ると、一部のデータの欠損などが見られますが、プライベート目的とビジネス目的がおおよそ半々となっています。

 

3段目の入国手段を見ると、ここではすべて空路と識別されています。

 

4段目では入国者の出身地域を表しています。

これを見ると、おおよそ5割がアフリカ、3-4割がヨーロッパ、残りが中東、アメリカ大陸、アジアとなっています。

 

観光客の観光関連の消費額

ここでは外国人の中央アフリカ共和国での消費額(左図)と一人あたり消費額(右図)を表しています。

また、参考として中央アフリカ共和国の方の海外での消費額合計(下段左図)と一人あたりの海外での消費額(下段右図)を並記しています。

 

外国人の中央アフリカ共和国での消費額合計は1995年では500万ドルほどであり、その水準は2020年には3,000万ドルに達しています。

 

これらを一人あたり消費額で見ると、1995年では一人あたり消費額は200ドル程度でしたが、2020年では900ドルほどまで増加しています。

中央アフリカ共和国における観光関連消費額

注:一人あたり消費額については消費額を入国者もしくは出国者数で除して算定している。

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023.  

一方、中央アフリカ共和国の方の海外での消費額を見ると1995年では海外で0.5億ドルほど消費していましたが、2019年には2.0億ドルほどまで増加しています。

(なお、中央アフリカ共和国の方の一人あたり消費額についてはデータが確認できません。)

 

宿泊施設

以下は中央アフリカ共和国における宿泊施設数(左図)と稼働率および宿泊者の滞在日数を(右図)を表しています。

 

宿泊施設数に関しては2009年から2021年まででおおよそ60施設から100施設まで倍加しています。

またそれに付随する客室数とベッド数も同期間で見ればそれぞれ800室⇒1,500室、900台⇒3,000台と拡大しています。

中央アフリカ共和国における宿泊施設

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023 

また、客室稼働率は1995年では40%であり、その水準は2019年にかけて徐々に上昇してきましたが、2020年には20%以下まで低下しています。

(なお、ベッド稼働率のデータについては公表されておりません。)

一方、宿泊者の平均滞在日数は2000年代では4-5日ほどでしたが、直近では2日ほどまで低下しています。

 

さいごに

今回は世界観光機関のデータベースに基づき観光に関する指標見てきました。

 

本サイトでは他にも、観光に関する貿易収支や、アフリカ諸国内ので観光客数ランキングなどまとめた記事も公開していますので、よろしければご覧ください

関連記事

今回は中央アフリカ共和国の旅行関連のデータについて簡単に整理します。   中央アフリカ共和国の基本情報 中央アフリカ共和国はカメルーン、コンゴ、コンゴ民主共和国、スーダン、南スーダン、チャドを隣国にもつアフリカ中部の国で[…]

最新情報をチェックしよう!