チャドの観光統計(入国者数・宿泊施設・観光産業労働者数)

今回はチャドに関する観光に関するデータを整理します。

なお、この記事は世界観光機関(World Tourism Organization)が公開している観光統計データベース(UNWTO Tourism Statistics Database)を用いています。

 

チャドの基本情報

チャドはリビア、ニジェール、ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカ共和国、スーダンを隣国にもつアフリカ中部の国です。

チャドの人口は2016年時点で1,400万人とアフリカでは平均的な人口を有する国です。

人口密度は11人/km2とアフリカ平均40人/km2の1/4程度です。

 

一人あたりGDPは2016年時点で2,100ドルとアフリカ平均の5,000ドルの4割程度です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

入国者数(外国人観光客数)

以下はチャドにおける1995年以降の外国人入国者数の推移(左図)とその構成(右図)を示しています。

また、1段目のグラフは宿泊者か当日出国者を表し、2段目は入国の目的、3段目は入国手段、4段目は入国者の地域を表しています。

 

まず入国者数全体を見ると、1995年では2万人ほどの入国者が2015年には12万人ほどまで上昇しますが、新型コロナ禍の2020年では1万人以下まで激減しています。

チャドにおける外国人観光客数

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023 

 

次に入国者の構成を確認します。

はじめに1段目の入国者数の宿泊者か当日出国者からの内訳をみると、ここではすべての入国者が宿泊者として識別されています。

 

次に2段目の入国目的を見ると、一部データのデータの欠損などが見られますが、約5-7割がプライベート目的、3-5割がビジネス目的となっています。

 

3段目の入国手段を見ると、2000年代では陸路が一定割が存在していますが、直近ではデータ上はすべて空路と識別されています。

 

4段目では入国者の出身地域を表しています。

これを見ると、直近ではおおよそ5割がアフリカ、3-4割がヨーロッパ、残りが中東、アメリカ大陸、アジアとなっています。

 

宿泊施設

以下はチャドにおける宿泊施設数(左図)と稼働率および宿泊者の滞在日数を(右図)を表しています。

 

宿泊施設数に関しては2018年以前ではデータが公表されておりません。

客室数とベッド数については、1995年から直近にかけてそれぞれ400室⇒2,000室、700台⇒4,000台と拡大しています。

チャドにおける宿泊施設

出所:World Tourism Organization (2023), UNWTO Tourism Statistics Database, Madrid, data updated on 25/01/2023 

なお、客室稼働率や平均滞在日数のデータについては、2006年以降データが利用できません。

(なお、ベッド稼働率のデータについては公表されておりません。)

 

さいごに

今回は世界観光機関のデータベースに基づき観光に関する指標見てきました。

 

本サイトでは他にも、観光に関する貿易収支や、アフリカ諸国内ので観光客数ランキングなどまとめた記事も公開していますので、よろしければご覧ください

関連記事

今回はチャドの旅行関連のデータについて簡単に整理します。   チャドの基本情報 チャドはリビア、ニジェール、ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカ共和国、スーダンを隣国にもつアフリカ中部の国です。 チャドの[…]

最新情報をチェックしよう!