アンゴラのODA(政府開発援助)と貧困率

ODA

今回はアンゴラのODA(政府開発援助)と貧困について簡単に整理します。

なお、ODAは援助する側とされる側がありますが、ここについてはODAは援助される側にフォーカスします。

 

アンゴラの基本情報

アンゴラはコンゴ、コンゴ民主共和国、ザンビア、ナミビアに接するアフリカ南部の国です。

 

アンゴラの人口は2016年時点で約2,600万人で、アフリカではやや人口の多い国です。

 

また、一人あたりGDPは2016年時点で7,200ドルとアフリカ平均の5,000ドルを4割程度上回ります。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

こんにちは、KOMEです。 1回目の投稿ではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると20[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

GNIに占めるODA率ランキング

早速ですが、以下は2019年におけるGNI(国民総所得)に占めるODA率のランキングです。

なお、一部の国では2019年のデータが利用できない国があるため、国名の後ろに利用年次を記載しています。

 

アフリカで最もODA率の高い国はソマリアでGNIに占めるODA率は38%となっており、ODAによりGNIが50%以上上乗せされております。

一方、アンゴラはアフリカ54か国中54位(0.1%)ともっとも低い水準となっています。

 

出所:World Development Indicators

貧困率ランキング

次は貧困率についてです。

ここでは世界銀行が2015年に定めた1日あたり1.9ドル未満(PPP換算)で生活している人口のシェアをランキングしています。

なお、貧困率のデータは利用できない国や欠損年次が多いため、利用可能な国の直近の年次を用いてランキングしています。

 

アフリカでもっとも貧困率が高いのはマダガスカルであり人口の79%は貧困とされています。

一方、アンゴラはアフリカ49か国中12位(50%)と比較的高位に位置しています。

出所:World Development Indicators

一人当たりODAと一人当たりGNI

以下は2019年の一人当たりODAを縦軸、一人当たりGNIを横軸にプロットしたものです。

ODAは国際支援を目的としているため、基本的にはODAはGNIと反比例するように支援されています。

(ただし、セーシェルは高い一人当たりGNIにかかわらず、一人当たりODAも多くなっています。)

アンゴラは一人当たりGNIが6,300ドル程度と低い水準であり、一人当たりODAも2ドルとなっています。

 

上図:全体図、下図:拡大図

出所:World Development Indicators

 

アンゴラにおける時系列推移

以下の左図はGNIに占めるODA率と一人当たりODA、右図は一人当たりGNIと貧困率の推移を表しています。

アンゴラのGNIに占めるODA率は1990年代後半から2000年代前半にかけて上昇していますが、近年ではほぼ0%となっています。

また、一人当たりODAも近年ではほぼ0値となっています。

 

一人当たりGNIは1990年の3,000ドルから直近では6,300ドルと2倍程度に増加しています。

なお、この期間における貧困率は増加しています。

出所:World Development Indicators

 

さいごに

今回はODAと貧困率について経済発展状況(GNI)を踏まえて見てました。

引き続き、いろいろ調べています。

最新情報をチェックしよう!