エスワティニを訪れる外国人観光客数はアフリカでは何番目に多い?外国人観光客数や観光客あたりの消費額を確認

今回はエスワティニの旅行関連のデータについて簡単に整理します。

 

エスワティニの基本情報

エスワティニは南アフリカ、モザンビークを隣国にもつアフリカ南部の国です。

かつてはスワジランドと呼ばれていましたが、2018年にエスワティニと改名しました。

エスワティニの人口は2016年時点で130万人とアフリカでは比較的人口の少ない国です。

一方、人口密度は75人/km2とアフリカでは比較的人口密度の高い国です。

 

また、一人あたりGDPは2016年時点で8,500ドルとアフリカでは比較的高い国です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

こんにちは、KOMEです。 1回目の投稿ではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると20[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

アフリカ諸国における外国人観光客数ランキング

以下は直近におけるアフリカ諸国における外国人観光客の受け入れ人数のランキングです。

出所:World Bank “World Development Indicators” 注:国名後のカッコ内はデータの利用年次を表す。

 

エスワティニはアフリカでは19番目に多い外国人観光客数の国です。2019年では120万人が訪れています。

なお、アフリカでもっとも外国人観光客が多いのは南アフリカで2019年は1,500万人です。なお、日本は同年では3,200万人の外国人観光が訪れています。

 

外国人観光客数

以下は1995年から2019年におけるエスワティニを訪れる外国人観光客数を表します。

1995年では130万人超と現在とあまり変化はありません。

一方、エスワティニからの海外旅行者数は2005年では110万人でしたが、2016年には180万人と増加しています。

出所:World Bank “World Development Indicators” 

旅行によるサービス貿易収支

外国人観光客の旅行による消費は通常サービスの輸出として捉えられます。また、逆に自国民の海外旅行での消費はサービスの輸入として扱われます。

以下は、そのサービス輸出とサービス輸入のGDPにおけるシェアを表します。

出所:World Bank “World Development Indicators”に基づく推計値

 

エスワティニの旅行によるサービス貿易収支は、2000年代前半を除き基本的には赤字収支となっています。

 

旅行者あたり消費額

上記のサービス貿易は旅行者全体の消費額を表すため、それを旅行客数で除することで旅行客一人当たりの消費額を試算することができます。

以下は、エスワティニを訪れる外国人観光客一人当たりの消費額(=旅行によるサービス輸出/外国人観光客数)の推移を表しています。

ただし、あまりにも一人当たり消費額の水準が少ないことから、旅行によるサービス輸出が正しく捕捉できていないと考えられます。

出所:World Bank “World Development Indicators”に基づく推計値

 

さいごに

エスワティニの観光についてまとめると以下のとおりです。

  • エスワティニを訪れる外国人観光客数は2019年では120万人
  • 旅行によるサービス貿易収支は、2000年代前半を除き赤字収支

引き続き他の国についても調べていきます。

最新情報をチェックしよう!