モーリシャスのSDGs指標(SDSN: Sustainable Development Report 2023)

今回は国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(Sustainable Development Solutions Network)が2023/6/21に公表した持続可能な開発報告書2023(Sustainable Development Report 2023)を使って、モーリシャスのSDGs指標を見ていきたいと思います。

 

なお、SDGs(持続可能な開発目標)については以下の17つのGoalが設定されており、上記の報告書ではこのGoalに関して定量的な指標を公表しています。

SDGs

 

なお、SDGsについては日本ユニセフ協会のHPにてわかりやすく紹介されていますので、よろしければご覧ください。

SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)

親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGs CLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読ん…

 

モーリシャスの基本情報

モーリシャスはマダガスカルのさらに東に位置するインド洋に浮かぶ島国です。

モーリシャスの人口は2016年時点で130万人とアフリカでは7番目に人口の少ない国です。

一方、人口密度は626人/km2でアフリカではもっとも人口密度の高い国です。

 

一人あたりGDPは2016年時点で20,000ドルとアフリカ平均の5,000ドルの4倍あり、アフリカでは4番目に高い国です。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

SDGs指標ランキング

以下はアフリカ諸国におけるSDGs指標(総合指数)の2000年および2022年のランキングを表しています。

指標は0~100点で評価され、2000年ではスウェーデンが84点が最高点となっており、2022年ではフィンランドが87点で最高点となっています。

なお、括弧内の順位は全世界での順位を表し、日本は2000年では75点で11位でしたが、2022年ではスコアは79点へ上がっているものの順位は21位へ落としています。

また、ここでは参考国として米国と中国も併記しています。

 

モーリシャスのSDGs指標は2000年では66点でアフリカ諸国内では1位(世界では64位)でしたが、2022年では指標は68点とほぼ変わりはなく、順位は6位(世界では93位)へ下げています。

 

アフリカ諸国におけるSDGs指標ランキング(左図:2000年、右図:2022年)SDGs指標ランキング

出所: Sachs, J.D., Lafortune, G., Fuller, G., Drumm, E. (2023). Implementing the SDG Stimulus. Sustainable Development Report 2023. Paris: SDSN, Dublin: Dublin University Press, 2023. 10.25546/102924

 

時系列推移

以下は2000年以降におけるモーリシャスのSDGs指標の推移を表します。

ここでは、上記のランキングで用いた総合指数と各17Goalの指数の推移を表しています。

総合指数は2000年以降66点から68点へ上がっていますが、それぞれの指標を見ると

  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう (22→52)
  • 5. ジェンダー平等を実現しよう (37→52)

の2ゴールは10点以上スコアが上昇している一方で、

  • 12. つくる責任つかう責任 (77→74)
  • 13. 気候変動に具体的な対策を (94→91)
  • 4. 質の高い教育をみんなに (87→84)
  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに (74→70)
  • 16. 平和と公正をすべての人に (65→61)
  • 10. 人や国の不平等をなくそう (70→65)
  • 14. 海の豊かさを守ろう (59→49)

の7ゴールについてはスコアが低下しています。

 

注:項目名の後ろに付く括弧内の数字は2000年と2022年のスコアを表します。

モーリシャスのSDGs17指標の推移

モーリシャスのSDGs指標推移

出所: Sachs, J.D., Lafortune, G., Fuller, G., Drumm, E. (2023). Implementing the SDG Stimulus. Sustainable Development Report 2023. Paris: SDSN, Dublin: Dublin University Press, 2023. 10.25546/102924

 

また、以下は17つのGoalの内訳にあたる詳細な指標(全98指標)について、2000年および2022年の変化を表しています。

 

モーリシャスのSDGs詳細指標(2000年 vs 2022年)

モーリシャスのSDGs指標1

モーリシャスのSDGs指標2

出所: Sachs, J.D., Lafortune, G., Fuller, G., Drumm, E. (2023). Implementing the SDG Stimulus. Sustainable Development Report 2023. Paris: SDSN, Dublin: Dublin University Press, 2023. 10.25546/102924

 

これを見ると、42の指標はスコアを上げている一方で、23の指標はスコアを下げています。特に

  • 51. SDG9. インターネット利用人口 (2→100)
  • 50. SDG9. 全季節道路を利用できる農村人口(%) (5→67)
  • 23. SDG3. ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)のサービス普及率指数(ワースト0-ベスト100) (8→43)
  • 27. SDG4. 中等教育修了率 (70→100)
  • 7. SDG2. 人間の栄養レベル(ベスト2~3ワースト) (23→52)

といった指標は大幅に改善している一方で、

  • 90. SDG16. 主要な通常兵器の輸出(人口10万人当たりのTIV一定百万米ドル) (70→53)
  • 41. SDG7. 総発電量あたりの燃料燃焼によるCO₂排出量(MtCO₂/TWh) (32→11)
  • 84. SDG16. 殺人件数(人口10万人当たり) (53→27)
  • 25. SDG4. 就学前の組織的学習への参加率(4歳から6歳の子どもの割合) (88→42)
  • 74. SDG14. 海の健康指数: クリーンウォータースコア(ワースト0-100ベスト) (87→21)

といった項目は大幅にスコアを下げる結果となっています。

 

注:項目名の後ろに付く括弧内の数字は2000年と2022年のスコアを表します。

さいごに

この記事では17つのGoalについて網羅的に取り上げいますが、以下の記事ではそのうちGoal2: 飢餓をゼロに、Goals14: 海の豊かさを守ろう、Goals15: 陸の豊かさも守ろう、の3つのゴールについて詳細に取り上げていますので、よろしければそちらもご覧ください。

 

また、国内では法政大学の川久保研究室がSDGsについて研究に取り組んでいますので、よろしければそちらもご覧ください。

川久保研究室

SDGsを活かした建築・都市づくりの研究…

 

最新情報をチェックしよう!