タンザニアにおける児童労働

今回はタンザニアにおける児童労働についてデータを整理します。

ただし、児童労働の問題には就学の問題も関連することが多いため、はじめに就学率についてデータを確認します。

 

タンザニアの基本情報

タンザニアはケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国、ザンビア、マラウイ、モザンビークを隣国に持つ東アフリカの国です。

 

タンザニアの人口は2016年時点で約5,500万人とアフリカでは5番目に人口の多い国です。また人口密度は58人/km2とアフリカ平均の40人/km2の1.5倍ほどの密度です。

 

一人あたりGDPは2016年時点で2,700ドルとアフリカ平均の5,000ドルの半分程度となっています。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

就学率(教育)

以下はアフリカ諸国および参考国(米国、中国)における就学率を表します。(括弧内の数字はデータの年次を表します。)

なお、ここでの就学率は初等教育対象年齢人口に対する初等教育に入学した人口をします。

 

参考国である米国と中国の就学率はそれぞれ、95.6%と89.3%に対し、タンザニアは82.4%と両国よりも低い水準にあり、アフリカ諸国の中では32番目となっています。

就学率ランキング

出所:World Development Indicators, July 2023.

 

次に、就学率の推移をみます。

1970年代の就学率は50%ほどでしたが、2000年代にはほぼ100%まで改善しますが、その後は悪化しており、直近では80%となっています。

また、男女格差については1980年代ではほぼ男女で差異はありませんでしたが、直近では5%ポイントほど男子の方が低くなっています。

タンザニアの就学率推移

出所:World Development Indicators, July 2023.

 

なお、人口に占める学歴構成については、以下の時期で取り上げています。

関連記事

今回はタンザニアの人口構成にフォーカスしてみます。   タンザニアの基本情報 タンザニアはケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国、ザンビア、マラウイ、モザンビークを隣国に持つ東アフリカの国です。 […]

 

児童就業率(児童労働)

次に、児童の就業率について確認します。

以下のグラフは7-14歳人口に占める就業率を表しており、左図は全体、中図は男子、右図は女子の就業率のランキングとなっています。

 

タンザニアの全体の児童就業率は35%でデータの確認できる44か国中17番目となっています。

また、男子は35%で44か国中18番目、女子は34%で16番目と男女ともに比較的高い水準となっており、児童の3人に1人は労働をおこなっている状況となっています。

児童の就業率ランキング

出所:World Development Indicators, July 2023.

 

以下の左図は児童労働における産業別構成比を表しており、右図では就業形態別の構成比を表します。

産業の構成比を見ると、農業が95%とほぼ大部分を占めており、それに次ぐサービス業は5%となっています。

また雇用形態を見ると、雇用者は2%ほどであり、大部分は家族従業者が占めています。

タンザニアにおける児童労働構成比

出所:World Development Indicators, July 2023.

 

なお、一国全体の労働構成については以下の記事を参照ください。

関連記事

今回はルワンダの労働関連のデータについて簡単に整理します。   ルワンダの基本情報 ルワンダはコンゴ、コンゴ民主共和国、ウガンダ、タンザニア、ブルンジの国境の境目に位置する東アフリカの小国です。  […]

 

児童の平均労働時間

次に、児童の平均労働時間ついて確認します。

以下のグラフは労働に従事している(就業している)児童の週平均労働時間のランキングを示しており、左図は非就学児童の平均労働時間、右図は就学も就業もしている児童の平均労働時間を示しています。

 

左図の非就学の就業児童の労働時間では、タンザニアは32時間と(データの確認できる)アフリカの41か国中9番目となっています。

同様に、右図の就学している就業児童の労働時間は14時間であり(データの確認できる)アフリカの41か国中14番目となっています。

児童労働の週平均労働時間ランキング

出所:World Development Indicators, July 2023.

 

男女別の労働時間をみると、非就学の就業児童の労働時間では男子が32.9時間に対し女子は30.2時間と男子の方が長く、同様に就学している就業児童の労働時間においても男子は14.6時間、女子は13.7時間と男子の方が長くなっています。

タンザニアの児童労働の週平均労働時間

出所:World Development Indicators, July 2023.

 

さいごに

今回は就学率や児童の就業率や労働時間について整理しましたが、児童労働の賃金データや産業別の児童労働時間などのデータについては確認することができませでした。

最新情報をチェックしよう!