アンゴラの航空輸送

今回はアンゴラの航空輸送に関する経済データを整理します。

なお、この記事は世界銀行(World Bank)が公開しているデータベース(WDI: World Development Indicators)を用いています。

 

アンゴラの基本情報

アンゴラはコンゴ、コンゴ民主共和国、ザンビア、ナミビアに接するアフリカ南部の国です。アンゴラ

アンゴラの人口は2016年時点で約2,600万人で、アフリカではやや人口の多い国です。

 

また、一人あたりGDPは2016年時点で7,200ドルとアフリカ平均の5,000ドルを4割程度上回ります。

アフリカ諸国の基本的な経済指標については以前まとめていますので、そちらを参照してください。

関連記事

ここではアフリカの経済指標についてざっくり整理します。   アフリカと一言でいっても、アフリカ連合に加盟している国だけでも55か国もあります。なお、外務省のHPを確認すると2021/2/5時点で54か国となっていますが[…]

また、アフリカ諸国間のGDP成長率の相関については、以下をご覧ください。

関連記事

今回は2000年以降のアフリカ諸国におけるGDP成長率の相関係数を確認してみます。 まずは、アフリカ諸国のGDPの規模について見てみます。   GDPランキング 以下は2016年のアフリカ諸国におけるGDPランキン[…]

 

航空輸送

ここでは、航空輸送のデータを扱います。

 

以下のグラフはアフリカ諸国における直近の国内線・国際線合計の航空便数のランキングを表しています。

(なお国名横のカッコ内の数字は参照しているデータの年次をさしています)

また、ここでは参考として日本、米国、中国のデータを並記しており、米国は800万便、中国は390万便、日本は直近では66万便となっています。

 

アンゴラは直近では3800便であり、アフリカ諸国ではデータの利用できる52か国中24位となっています。

航空便数ランキング

出所:World Bank, World Development Indicators, March 2024. 

 

次に以下では航空貨物輸送(左図)と航空旅客輸送(右図)のランキングを示してます。

また、ここでも同様に日本、米国、中国を参考として並記しています。

 

アンゴラの航空貨物輸送は直近では3100万トンkmでデータの利用できる53か国中7位、航空旅客輸送は31万人でデータの利用できる52か国中19位と貨物の輸送が比較的多くなっています。

航空輸送量ランキング

出所:World Bank, World Development Indicators, March 2024. 

 

以下では上記で挙げた指標に関して、アンゴラにおける時系列の推移を表しています。

左図の航空便数については1976年では3000便ほどでしたが、コロナ前の2019年では1.3万便ほどへ増加しています。

しかし、2020年には4000便ほどへ激減しています。

アンゴラの航空輸送

出所:World Bank, World Development Indicators, March 2024. 

右図の航空輸送について、貨物輸送は1976年では1500万トンkmほどでしたがその後は上昇し、2019年では8000万トンkmほどでしたが、直近では3000万トンkmほどまで低下しています。

 

一方、旅客輸送は1976年の20万人ほどからコロナ前の2019年では140万人ほどまで増加しましたが、2020年には30万人ほどまで激減しています。

 

さいごに

今回はアンゴラにおける航空輸送について見てきました。

 

一方で、輸送費をはじめとした物価については以下の記事で取り上げていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

今回はアンゴラの為替レートと物価水準(PLI: Price level Index)について整理します。 なお、物価水準の国際比較については、以下の記事なども参照ください。 [sitecard subtitle=関連記事 url[…]

最新情報をチェックしよう!